0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年2月15日日曜日

小原佳太が4.13登場、3.1韓国興行は中止に

■OPBF・S・ライト級チャンピオン小原佳太(三迫)が4月13日、東京・後楽園ホールの「ダイヤモンドグローブ」に出場。対戦相手は未定。OPBFフェザー級15位の竹中良(三迫)は佐々木洵樹(帝拳)と対戦。竹中は昨年10月、OPBF王者の天笠尚(山上)に逆転KO負けしてからの再起戦となる。当日のメインは日本バンタム級王者の益田健太郎(新日本木村)が大森将平(ウォズ)を迎えての防衛戦。

■3月1日に韓国ソウルの興行に出場予定だった日本フェザー級4位の渡邉卓也(青木)と、日本S・フェザー級9位の江藤伸悟(白井・具志堅S)の試合が中止に。両選手はそれぞれ保持するIBFアジアタイトルの防衛戦をする予定だったが、韓国側の都合で興行そのものがなくなった。渡邉は3月17日の東京・後楽園ホールでノンタイトル戦を行う予定。

■WBOが10日付けで最新ランキングを発表。日本勢はミニマム級の原隆二(大橋)が8位に返り咲いたほか特筆事項はなし。月間最優秀選手はマイク・アルバラード(米)との第3戦を制し、WBOウェルター級インターナショナル王座に就いたブランドン・リオス(米)。