2015年5月1日金曜日

ベルトラン体重超過、粟生隆寛は勝てば王者に

 WBO世界ライト級王座決定戦の前日計量が30日(日本時間1日)、米ラスベガスのコスモポリタン・オブ・ラスベガスで行われ、3階級制覇を目指す同級1位の粟生隆寛(帝拳)は134.8ポンド(61.1キロ)でパス。一方の同級4位ライムンド・ベルトラン(メキシコ)は体重超過で失格となった。試合は予定通り行われ、粟生は勝てば新王者。ドローかベルトラン勝利なら王座は空位のまま。

 現地からの情報によると、ベルトランは1回目の計量で1ポンド(約450グラム)オーバー。2度目の計量でも200グラム・オーバーしてギブアップしたという。

 計量前には記者会見が開かれ、粟生は「あすはベルトを獲って日本に帰ります」と力強くコメント。決戦に向けて気持ちを高めていたが、ベルトランの体重超過で冷や水を浴びせられた形だ。なお、試合の模様はWOWOWメンバーズオンデマンドで2日午前11時から先行ライブ配信される。下写真/NAOKI FUKUDA/WOWOW