日本語

Home > ニュース > ベルトランが薬物検査で陽性、粟生戦は無効試合に?

WOWOWO井上

WOWOWO井上
ニュース

2015年5月30日 土曜日

ベルトランが薬物検査で陽性、粟生戦は無効試合に?

 米国サイト、ボクシングシーン・ドットコムは29日(日本時間30日)、今月1日ラスベガスで粟生隆寛(帝拳)に2回TKO勝ちしたライト級ランカー、ライムンド・ベルトラン(メキシコ)が試合後ネバダ州コミッションが実施した薬物検査で陽性反応が検出されたと伝えた。ベルトランは試合前日の計量で体重オーバー。試合はWBO世界ライト級王座決定戦として行われ、ベルトランは勝ってもタイトル獲得の権利を失っていた。

粟生隆寛3階級制覇ならず(ボクシングニュース)
1日に行われたベルトランvs粟生

 具体的にベルトランからどんな違反薬物が見つかったかはまだ発表されていない。この報道が真実なら、粟生戦はノーコンテスト(無効試合)に変更される見込み。ベルトランは6月27日予定されるティモシー・ブラッドリー(米)vsジェシー・バルガス(米)のリングで元王者ウンベルト・ソト(メキシコ)との一戦が組まれているが、今回の件でソトは別の相手と対戦することになりそうだ。Photo/SUMIO YAMADA


Related

関連記事