②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2015年6月10日水曜日

長谷川穂積がWBCランク復活、リナレスは月間MVP

 WBCの最新ランキングが明らかになり、元WBCバンタム級・フェザー級王者の長谷川穂積(真正)がフェザー級9位に返り咲いた。昨年4月の世界タイトルマッチに敗れてブランクを作っていた長谷川は5月9日に神戸で再起戦に挑み、フェザー級10回戦でWBC・S・バンタム級9位オラシオ・ガルシア(メキシコ)に判定勝ちを収めていた。

 月間MVPには30日に英国ロンドンで初防衛を成功させたライト級王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)が選ばれた。リナレスは30日の試合で、指名挑戦者ケビン・ミッチェル(英)に5回にダウンを奪われながら10回TKO勝ちを収めた。次点はフライ級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)。16日に米ロサンゼルスでエドガル・ソーサ(メキシコ)を一蹴。2回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。

 ほかの日本勢は、ヘビー級の藤本京太郎(角海老宝石)が15位に復活。L・フライ級にランクされていた八重樫東(大橋)がS・フライ級に転級。S・フライ級のマルコム・ツニャカオ(真正)、ライト級の加藤善孝(角海老宝石)が15位以内から外れた。