②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2015年12月11日金曜日

清田祐三が5回TKO勝ち、OPBF・S・ミドル級V3

 OPBF東洋太平洋S・ミドル級タイトルマッチが11日、後楽園ホールの「オーバーヒートボクサーズナイトvol.75」で行われ、WBO14位、IBF15位にランクされる王者の清田祐三(フラッシュ赤羽)が挑戦者6位マイケル・スピード・シガーラキ(インドネシア)に5回1分44秒TKO勝ち。2度目の王座の3度目の防衛に成功した。

 体格で勝る清田は2回にピッチを上げた。ボディ攻撃を繰り出すと、シガーラキは早くも失速の気配。3回にシガーラキは清田にロープを背負わせ、左フックを顔面に打ち込んだが、反撃はここまで。清田はこの回に左ボディブローで2度ダウンを奪い、4、5回にもさらにダウンを追加。最後は清田が右を決めたところで、主審が試合をストップした。

「今回は追い込んだ練習ができた」と話した清田は29勝27KO4敗1分。今年3月に来日し、OPBF・日本ミドル級王者の柴田明雄(ワタナベ)に4回TKO負けしたシガーラキは日本で連敗。戦績は16勝14KO16敗2分。

◇133ポンド6回戦
正木脩也(帝拳)[TKO3回1分8秒]氏原文男(フラッシュ赤羽)
 今年B級デビューした正木は前に出てくる氏原に対し、距離をキープしながらボクシングを組み立てた。氏原のアタックに巻き込まれ、左フックをもらうシーンもあったが、3回にコンビネーションの左フックが決まって氏原がダウン。立ち上がった氏原にラッシュして試合を終わらせた。これでデビューから3連勝(2KO)。氏原は4勝3KO3敗。

◇49.5キロ6回戦
戸髙達(レパード玉熊)[3-0(59-55×2、60-55)]山中章弘(フラッシュ赤羽)