0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年5月14日土曜日

村田諒太4回TKOで10連勝、次戦は7.23ラスベガス

  14日香港コンベンション&エキシビションセンターでフェリペ・サントス・ペドロソ(ブラジル)との10回戦に臨んだミドル級村田諒太(帝拳)は4回2分50秒TKO勝ち。プロ10連勝(7KO)を飾った。

 村田は左ジャブから右ストレートを叩き込み、立ち上がりから13勝11KO1敗のペドロソを圧倒。4回になると左フックも使って攻め、右ストレートで効かせて連打。ストップを呼び込んだ。

 試合後はトップランクのボブ・アラムに「ネクスト、ラスベガス」と声をかけられた村田は「拳も痛めてないので大丈夫」と答えた。すでに発表されている7月23日(日本時間24日)米国での次戦に向けていい景気づけとなった。

 帝拳ジムの本田明彦会長はきょうの村田に「80点」と合格点を与え、「少しすればまたロサンゼルスに行かせる」とスパーリング合宿の計画を明かした。さらに7月の次にも言及し、「トップランクには11月頃とも言われている。そこか、その次にも大きな試合ができれば」とした。試合の模様はフジテレビで14日26時20分(15日午前2時20分)から1時間枠で放送される。

8回戦
ジェイ・ソルミアーノ(比)[TKO2R2分37秒]ジャンボ織田信長本屋ペタジーニ(六島)
6回戦
ジェームス村重(KG大和)[TKO5回1分54秒]ジュナル・アダンテ(比) Photos/SUMIO YAMADA