2016年9月18日日曜日

ウシクがWBO王座奪取、グロワスキに判定勝ち

 ポーランドのグダニスクで17日(日本時間18日)行われたWBO世界クルーザー級タイトルマッチは、ロンドン五輪金メダリストで1位挑戦者のオレクサンデル・ウシク(ウクライナ=写真)が王者クリストフ・グロワスキ(ポーランド)に12回3-0判定勝ち。プロ10戦目でベルトを獲得した。グロワスキは2度目の防衛に失敗。

 サウスポー同士。前半はプレスをかける王者にウシクが迎撃する展開。3回、ヘッドバッドでグロワスキは右目周辺を切ったが大事に至らず。6回、攻勢をかけたウシクが王者を後退させる。8回、集中打を浴びせたウシクはパンチの的確さでも勝る。10回、反撃したグロワスキだが、ヒットが少ない。11回、疲労が見えるグロワスキはコンビネーションを打ち込んで優勢。最終回、打ち合いで王者はパンチを浴びせたが、ウシクも返して終了。

 スコアカードは119-109、117-111×2でウシクが支持された。プロで初めてフルラウンド戦ったウシクは10勝9KO無敗。同じく無敗だったグロワスキは26勝16KO1敗。