2016年10月29日土曜日

川口勝太が比国で勝利、あすファンマvsバスケスJr

■フィリピンのカガヤン・デ・オロで28日、WBOアジアパシフィックS・フライ級暫定王者ラクニラン・ムアトランサラカン(タイ)に挑んだ川口勝太(堺東ミツキ)は9回負傷判定勝ちで同暫定王座を獲得した。偶然のバッティングで左目上部をカットした川口の傷口が原因で試合はストップ。スコアは87-84×3。川口は20勝8KO7敗1分。ラクニランは12勝8KO1敗。

■現地時間29日プエルトリコのサンフアンでS・フェザー級10回戦を行う元世界2階級制覇王者フアン・マヌエル・ロペスと元WBO世界S・バンタム級王者ウィルフレド・バスケスJrが28日計量に臨み、ロペスが128.6ポンド(58.33キロ)、バスケスJrが129ポンド(58.51キロ)を計測。長年対戦が期待されたプエルトリコの因縁対決。Photo/BoxingScene.com

■元WBO世界フライ&S・フライ級王者オマール・ナルバエス(亜)がIBFバンタム級挑戦者決定戦に出場する運びとなった。IBFバンタム級3位にランクされるナルバエスと5位エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の一戦は27日入札にかけられ、KOインターナショナルが落札。井上尚弥(大橋)との再戦を放棄した41歳のナルバエス(46勝24KO2敗2分)は3階級制覇をかけた試合。24歳のロドリゲス(15勝10K無敗)との試合は1月27日までに開催とのこと。