ohasi11

ohasi11

ohashi

ohashi

2017年1月12日木曜日

S・ミドル級統一戦、ジャックvsデゲールが公開練習

 今年の米国世界タイトルマッチ第2弾、14日(日本時間15日)ニューヨークのバークレイズ・センターで行われるS・ミドル級統一戦、WBC王者バドゥ・ジャック(スウェーデン)とIBF王者ジェームズ・デゲール(英)が決戦を前に11日(日本時間12日)同地ブルックリンの有名なグリーソンジムでメディア向けにトレーニングを行った。また同じリングで挙行されるIBF世界S・フェザー級タイトルマッチに出場する王者ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)と挑戦者ジェルボンタ・デービス(米)も練習を公開した。以下は各選手のコメント。

ジャック「この試合はキャリア最大のファイトで私は次のレベルに上がる用意ができている。私はデーゲルのファイトをいくつか見たけど、最新2試合の彼はベストの出来だと思えない。彼が試合日ベストの状態で臨んでくれることを望む。イージーな試合は予想していないが、いずれにせよ勝利するのは私だ」

デゲール「ビッグファイトの感情が高ぶっている。フィットネスもマインドもボディーもソウルもすべてグレートだ。ブルックリンでメディアデーに臨むのもグレート。体の動きとスピード、アングルがキーになる。ジャックは力が向上してハイクオリティーな選手だが、私の方がベターな選手だ。すばらしい試合が展開されるけど勝つのはこちらだ」

 両者が強調するようにかなりハイレベルな攻防が予想される。オッズメーカーの賭け率は9-4ほどでデゲール有利と出ている。

ペドラサ「みんなデービスのことばかり話すけど私は気にならない。彼はフロイド・メイウェザーのイミテーション。ただ真似ているだけだ。本物とは違う。ニューヨークでプエルトリコを代表して戦えるのはハッピーだ。私はキャリアとリーチと身長で優位。相手がプレスをかけてきても対応策はできている」

デービス「ベストなスパーリングが敢行できて、すべてがスムーズに運んだ。私はイベントのメインで戦う気持ちでいる。自分の試合をして世界タイトルを獲る。ペドラサの試合はあまり見ていないけど、チームがいい準備をしてくれる。ゴングが鳴ったらゲームプランを実行するだけ」

 地味ながら王座を守るペドラサにメイウェザー・プロモーション、イチオシのデービス(22=16勝15KO無敗)が挑む注目の一戦。賭け率はほぼ互角となっている。Photos:Tom Casino/SHOWTIME