2017年2月2日木曜日

最新日本ランキング、上原拓哉らがランク入り

 日本ボクシングコミッションのランキング委員会は2日、都内で1月度ランキングを作成した。この1か月は日本タイトルマッチがひとつも行われず、変動の少ないランキングとなった。

 新たにランク入りした選手で目を引いたのは、デビューから11連勝でWBCユース王座を獲得した上原拓哉(アポロ=写真)。すでにOPBFランク入りしているが、フェザー級14位で初めて日本ランク入りをはたした。S・フライ級の川口勝太(堺東ミツキ)は14位に入り、S・バンタム級の水野拓哉(松田)は14位に復帰した。

 元日本王者でS・フライ級2位にランクされていた戸部洋平(三迫)はけがによる長期ブランクのためランクから外れた。バンタム級13位の高橋竜平(横浜光)は先月30日の試合で体調不良により体重オーバー。こちらもランクから外れた。

 S・バンタム級9位にランクされていた高野誠三(真正)はバンタム級10位に、ウェルター級2位だった今野裕介(角海老宝石)はS・ライト級6位になった。今野に押し出される形で14位だった藤田光良(鹿児島)が圏外となった。