0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年5月8日月曜日

4月の月間MVPは井上岳志、日本SW級王座獲得

 東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は4月の月間三賞を決定した。最優秀選手賞には日本S・ウェルター級新チャンピオンの井上岳志(ワールドS)が選ばれた。

 タイトル初アタックの井上は4月25日、ベテランの斉藤幸伸丸(輪島功一S)との王座決定戦を負傷による7回TKOで制し、デビューから無敗(10勝5KO1分)のまま新王者となった。決定戦は野中悠樹(井岡弘樹)の王座返上によるもの。

 新鋭賞は中根一斗(レイS)。11日の8回戦で、かつて初回KO負けしている上田有吾(宮田)に6回TKOでリベンジした。敢闘賞は該当者なし。表彰式は5月31日、後楽園ホールで行われる予定。同日はチャンピオンカーニバルの表彰式も行われる。