2017年12月27日水曜日

BWAA年間表彰、MVP候補にクロフォードら5選手

 全米ボクシング記者協会(BWAA)は26日、2017年の年間表彰を候補者を発表した。シュガー・レイ・ロビンソン賞(最優秀選手賞=MVP)には5選手がノミネートされた。表彰の対象は全部で8カテゴリー。BWAAの会員は1月19日までに投票を済ませ、結果は2月に発表される。

 MVPにノミネートされたのは、テレンス・クロフォード(米)、マイキー・ガルシア(米)、アンソニー・ジョシュア(英)、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、シーサケット・ソールンビサイ(タイ)。

 14年にBWAAのMVPを受賞しているクロフォードはS・ライト級で4団体のベルトを統一。ガルシアはWBCライト級王座を獲得して難なく3階級制覇を達成した。

 WBA・IBFヘビー級王者のジョシュアは元統一王者ウラジミール・クリチコとの激闘に勝利。17年の主役の一人だったことは間違いない。S・フェザー級のロマチェンコはほれぼれする強さで今年も敵なしの状態。リゴンドウとの五輪王者対決を制したのは記憶に新しい。

 アジアからただ一人ノミネートされたWBC・S・フライ級王者シーサケットは、パウンド・フォー・パウンド・キングだったローマン・ゴンサレスを破り、再戦ではKOして世界を驚かせた。

 年間最高試合賞にあたるアリ-フレージャー賞には、ジョシュアvsクリチコ、シーサケットvsゴンサレス第1戦、デビッド・ベナビデスvsロナルド・ガブリル、ジェームス・デゲールvsバドゥ・ジャック、ミゲール・ローマンvsオルランド・サリドの5試合がノミネートされた。