②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2018年1月21日日曜日

スペンス初防衛成功、ピーターソンをストップ

 ニューヨークのバークレイズセンターで20日(日本時間21日)挙行されたIBF世界ウェルター級タイトルマッチは、王者エロール・スペンスJr(米)が挑戦者ラモント・ピーターソン(米)に7回終了TKO勝ち。昨年ケル・ブルック(英)から獲得した王座の初防衛に成功した。

 右ジャブで初回リードしたサウスポーのスペンスは2回にもボディー打ちから左強打でピーターソンをロープへ送る。3回、左右ボディーを叩き込む王者はここから左アッパーを多用。4回も左強打を軸にスペンス優位は変わらない。

 5回、王者のコンビネーションから左フックでピーターソンがダウン。カウント後、仕留めにかかったスペンスにピーターソンは懸命にガードを固めて対抗。スペンスは重いパンチを浴びせて追い込む。

 6回、なおも攻勢をかけるスペンスに挑戦者は右目が腫れ出す。7回、劣勢の相手を追い詰めると、ピーターソンは左マブタが大きく腫れる。インターバルで挑戦者コーナーが棄権を申し入れた。スペンスは23勝20KO無敗。ピーターソンは35勝17KO4敗1分。

 同じリングのロバート・イースター(米)vsハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)は挑戦者フォルトゥナが計量で体重オーバーしたため、イースターの保持するIBF世界ライト級王座は争われず無冠戦に。試合は意外な接戦になり、114-113、115-112(イースター)、114-113(フォルトゥナ)の2-1でイースターの手が上がった。Photos/SUMIO YAMADA