0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年9月8日日曜日

フエンテス、WBO・L・ライト級暫定獲得

 メキシコのチアパス州タパチュラで7日(日本時間8日)挙行されたWBO・L・フライ級暫定王座決定戦は、前WBO世界ミニマム級王者でランク1位のモイセス“モイ”フエンテス(メキシコ)がルイス・デラローサ(コロンビア)に初回2分40秒TKO勝ちで、暫定ながら2階級目のベルトを巻いた。

フエンテス(左)が圧勝で2本目のベルト

 長身でスリムなフエンテスにデラローサが接近を試みる中、メキシカンの右カウンターが命中。グラついたコロンビア人は追撃連打でロープを背負って防戦を強いられる。なおもフエンテスが攻め立てると、デラローサはロープ間から体がはみ出し、レフェリーはカウントを適用。続行後、フエンテスのラッシュでデラローサはコーナーで青息吐息。最後、前のめりに倒れストップがかかった。正規王者ドニー・ニエテスと引き分けているフエンテスは18勝9KO1敗1分。デラローサは22勝12KO3敗1分。

 セミではトマス“グサノ”ロハス(メキシコ)がS・バンタム級10回戦で、同国のエンリケ・ベルナチェに3-0判定勝ち。スコアは95-93が2者に96-92。Photo/BoxingScene.com