excite_650x150

excite_650x150

2018年10月12日金曜日

サンダース王座返上 アンドラーデは王座決定戦に

 ドーピング検査で違反が見つかり、試合出場とベルト保持が危ぶまれていたWBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英)がタイトルを返上した。

 10月20日ボストンで行われる1位デメトゥリアス・アンドラーデ(米)と2位位ウォルター・カウトンドクワ(ナミビア)の一戦はは正規王座決定戦として挙行されることになった。WBOのフランシスコ・バルカルセル会長が通達した。同会長はサンダースの出場停止処分を6ヵ月間と発表した。

サンダースは6ヵ月の出場停止処分

 アンドラーデvsカウトンドクワは、実績から元S・ウェルター級王者アンドラーデ(25勝16KO無敗)有利は動かないところだが、遠くナミビアから遠征するカウトンドクワは17勝16KO無敗のパンチャー。「100パーセントの準備をしてボストンへ行く。デメトゥリアスを倒してKO数を増やす。来週土曜日の夜、彼は悪夢を見るだろう」と強気なコメントを発している。

 1週間後の27日には、ダニエル・ジェイコブス(米)vsセルゲイ・デフレヤンチェンコ(ウクライナ)によるIBF世界ミドル級王座決定戦がニューヨークで行われる。

 現在ジェイコブスとアンドラーデはカリフォルニア州サンカルロスのジムでいっしょにトレーニング中。今回、アンドラーデ戦をストリーミング配信サービスDAZNで米国へ中継するエディ・ハーン・プロモーターは来年、WBOとIBFの統一戦を計画している。

■ミドル級世界王者&王座決定戦

WBAスーパー サウル“カネロ”アルバレス

WBA 村田諒太(V2戦、10.20ラスベガス)

WBC サウル“カネロ”アルバレス

WBC暫定 ジャモール・チャーロ

IBF ダニエル・ジェイコブスvsセルゲイ・デレフヤンチェンコ(王座決定戦、10.27ニューヨーク)

WBO デメトゥリアス・アンドラーデvsウォルター・カウトンドクワ(王座決定戦、10.20ボストン)