2018年11月8日木曜日

最強挑戦者出そろう S・バンタム級の和氣は王座返上

 2008年にスタートした「最強後楽園」をリニューアルし、「日本タイトル最強挑戦者決定戦」として新たなスタートを切ったチャンピオンカーニバルの挑戦者決定戦が、7日のミドル級を最後に全階級で終了した。

 最強後楽園時代との違い、全階級で挑戦者決定戦が行われたのが今回の特徴だ。指名挑戦権を得た勝者は来年のカーニバルでチャンピオンに挑戦する。

 なお、カーニバルまでに防衛戦が行われる階級もあり、そのときの状況によってカードは変更される。S・バンタム級は王者の和氣慎吾(FLARE山上)は11月8日付けで王座を返上。近く決定戦のカードが発表される見通しだ。現時点での各階級の状況は以下の通り。

■日本王者と指名挑戦者(王者の〇数字は防衛回数)

◇ミニマム級
チャンピオン 小野心(ワタナベ①)
指名挑戦者  田中教仁(三迫)

◇L・フライ級
チャンピオン 久田哲也(ハラダ④)
指名挑戦者  堀川謙一(三迫)
※久田は11月16日、戸谷彰宏(蟹江)と防衛戦

◇フライ級
チャンピオン 黒田雅之(川崎新田④)
指名挑戦者  中谷潤人(M.T)

◇S・フライ級
チャンピオン 奥本貴之(グリーンツダ⓪)
指名挑戦者  ユータ松尾(ワールドS)
※奥本は12月9日、橋詰将義(井岡)と防衛戦

◇バンタム級
チャンピオン 齊藤裕太(花形⓪)
暫定王座決定戦(齊藤のけがによるもの)
木村隼人(ワタナベ=1位)vs高野誠三(真正=2位)

◇S・バンタム級
チャンピオン 空位
指名挑戦者  中川麦茶(角海老宝石)

◇フェザー級
チャンピオン 源大輝(ワタナベ①)
指名挑戦者  阿部麗也(KG大和)

◇S・フェザー級
チャンピオン 末吉大(帝拳③)
指名挑戦者  大里拳(大鵬)

◇ライト級
チャンピオン 吉野修一郎(三迫②)
指名挑戦者  アクセル住吉(関門JAPAN)

◇S・ライト級
チャンピオン 細川バレンタイン(角海老宝石①)
指名挑戦者  井上浩樹(大橋)

◇ウェルター級
チャンピオン 矢田良太(グリーンツダ①)
指名挑戦者  永野祐樹(帝拳)
※矢田は12月9日、藤中周作(金子)と防衛戦

◇S・ウェルター級
チャンピオン 新藤寛之(宮田⓪)
指名挑戦者  松永宏信(横浜光)
※新藤は12月20日、暫定王者の渡部あきのり(角海老宝石)と王座統一戦

◇ミドル級
チャンピオン 竹迫司登(ワールドS①)
指名挑戦者  加藤収二(中野サイトウ)