excite_650x150

excite_650x150

2018年12月2日日曜日

ロンドン銅の清水聡あす登場 新鋭の上原拓哉とV4戦

 ロンドン五輪銅メダリストの清水聡(大橋)があす3日、後楽園ホール「フェニックスバトル」でOPBFフェザー級王座の4度目の防衛戦を行う。2日の前日計量で清水と挑戦者6位の上原拓哉(アポロ)はともに57.1キロで合格した。

 盟友の村田諒太(帝拳)とともにロンドンでメダルを獲得した清水はデビューから7戦連続O勝ちをマーク。世界ランキングはWBC6位、IBF3位につけており、来年はいよいよ本腰を入れて世界挑戦の準備に入ることになるだろう。

 対戦相手の上原は16勝10KOとこちらも無敗のホープ。名前のある清水を叩いて一気にのし上がろうと燃えている23歳を相手に、清水がどのようなパフォーマンスを発揮するか見ものだ。

 セミのフェザー級10回戦、溜田剛士(大橋=日本フェザー級12位)vs丸田陽七太(森岡=日本S・バンタム級9位)も注目カード。

 強打が武器の25歳、溜田(18勝16KO3敗2分)は8月に閉鎖されたヨネクラジムの元ホープで、ヨネクラOBの大橋秀行会長のもとで鍛え直し、タイトル獲得を狙っている。

 長身でスピードが自慢の21歳、丸田(7勝6KO1敗1分)は昨年10月のOPBF・S・バンタム級戦で一敗地にまみれたものの、その実力を評価する声は高い。

 アンダーカードにも大橋ジム期待の若手、桑原拓、中嶋一輝、中澤奨、元日本王者の岡田誠一らが顔をそろえる。