0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年10月23日水曜日

WBAランキング発表、井上が初登場5位

井上尚弥

 WBAの最新ランキングが発表され、L・フライ級の井上尚弥(大橋)が5位にランクされた。また、S・フライ級の石田匠(井岡)、ウェルター級の高山樹延(角海老宝石)が初の世界ランク入りを果たした。

 井上はWBC、WBOに続いての世界ランク獲得。石田はS・フライ級の10位、高山はウェルター級の14位となった。また、日本フライ級王者の粉川拓也(宮田)が同級15位に再ランクされた。L・フライ級の田口良一(ワタナベ)、S・フライ級の江藤大喜(白井・具志堅S)は圏外に消えた。

 S・ウェルター級は、スーパー王者のフロイド・メイウェザー(米)が統一王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)とのビッグマッチを制してアルバレスは4位になった。正規王者はもともと空位。L・ヘビー級タイトルを4度防衛しているベイブ・シュメノフ(カザフスタン)はスーパー王者に昇格した。理由は不明。

 クルーザー級はギエルモ・ジョーンズ(キューバ)が薬物違反問題などで王座をはく奪され、前王者デニス・レベデフ(ロシア)が再び王者に認定された。ヘビー級はスーパー王者のウラジミール・クリチコ(ウクライナ)が正規王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)を下し正規王者が空位となった。

 マネジャーがタイトルの返上を公言していたL・フライ級“スーパー”王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は結局タイトルを返上せず現状のポジションのまま。月間最優秀選手にはフロイド・メイウェザー、優秀選手にはS・ライト級スーパー王者のダニー・ガルシア(米)が選ばれた。