2013年11月10日日曜日

アンドラーデ、オリンピアン対決制す

 マルティネス対ガルシア、ドネア対ダルチニアンと同じテキサス・コーパスクリスティで行われたWBO世界S・ウェルター級王座決定戦はランク2位のデメトゥリアス・アンドラーデ(米)が1位バネス・マルティロスヤン(米)に2-1判定勝ちを収め、ベルトを手にした。

アンドラーデ(ボクシングニュース)

ダウンを挽回して勝利のアンドラーデ(右)

 両者とも年月を要して初の世界戦に臨んだ。初回、好調なスタートを切ったアンドラーデにマルティロスヤンの左カウンターがヒット。アンドラーデがマットに這う。だが2回から立て直した北京五輪代表アンドラーデがアテネ代表マルティロスヤンを巧妙にアウトボクシング。6回には一気に仕掛けて優勢を印象づける。その後もカウンターに頼るマルティロスヤンをアンドラーデが先手を取ってリード。派手なシーンはなかったが、ヒットを重ね終了。スコアは115-112(マルティロスヤン)、114-113、117-110(アンドラーデ)の2-1でアンドラーデが支持された。

 前座カードで行われたWBA世界フェザー級戦は王者ニコラス・ウォルターズ(ジャマイカ)が挑戦者アルベルト・ガルサ(メキシコ。日本で榎洋之と対戦)を2度倒し、4回1分57秒TKOTKO勝ち。この階級のWBAスーパー王者はクリス・ジョン(インドネシア)。Photo/TopRank