February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 日体大4連覇達成 2位東洋大、3位早稲田大 関東大学女子トーナメント

日体大4連覇達成 2位東洋大、3位早稲田大 関東大学女子トーナメント

2023年6月25日 11時08分

 アマチュアの関東大学ボクシングリーグ戦第4週が行われた24日の後楽園ホールでは、女子トーナメント7階級の決勝戦も挙行され、総合は日本体育大学が4連覇を達成した。

東洋大最初の優勝者は加藤(右)

 東洋大学はミニマム級で全日本王者加藤光が勝ったのをはじめ、3階級でトーナメントを制し、同じく2階級の日体大を上回ったが、決勝に6名が出場するなど総合点で上回った日体大が4度目の優勝を飾るとともに、入江聖奈らの活躍で築いた「関東の女王」の座を死守した。総合順位は①日体大➁東洋大➂早稲田大。

日体大國府(右)が初優勝

◇女子トーナメント決勝の結果

Mm級 加藤 光(東洋大)5-0判定 田口心温(日体大)

LF級 篠原 光(青山学大)5-0判定 堀 宝水(日体大)

F級 岸本有彩(東洋大)5-0判定 吉原憧子(拓殖大)

B級 原田美琴(東洋大)5-0判定 成田 華(日体大)

Fe級 國府紗鈴依(日体大)RSC3R 船山乃亜(日本大学)

L級 吉澤颯希(日体大)RSC1R 大澤あねら(日本大学)

LW級 高橋美波(早稲田大)RSC1R 佐藤藍美(日体大)

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了