July
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

34°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 激闘必至 ナバレッテとバルデスがフェイスオフ レジェンドのバレラ&モラレスも華添える

激闘必至 ナバレッテとバルデスがフェイスオフ レジェンドのバレラ&モラレスも華添える

2023年8月11日 11時58分

 メキシカン同士、WBO・S・フェザー級王者エマヌエル・ナバレッテと挑戦者1位オスカル・バルデスのタイトルマッチの会見が10日行われた。試合はあさって12日(日本時間13日)米アリゾナ州グレンデールのデザートダイヤモンド・アリーナでゴングが鳴る。

火花を散らすナバレッテ(左)とバルデス

 S・バンタム級、フェザー級に続き、3階級制覇に成功したナバレッテ(37勝31KO1敗=28)は決定戦で獲得した王座の初防衛戦。「バルデスと私がこの試合に100パーセント全力投球しなかったらファンに対して詐欺になるだろう。誰もが激戦を期待している。私はバルデスと対戦する必要があった。自分のキャリアを代表するものになるから。だからファンのプレッシャーも多く感じている。バルデスとのファイトをそう捉えている」と心境を語った。

 そして「バルデスを見ると彼は準備万端のように見える。土曜日は素晴らしい夜になるだろう」と結んだ。

 一方、このタイトルを保持したシャクール・スティーブンソン(米)との2団体統一戦に敗れたバルデス(31勝23KO1敗=32)は再起戦をはさみ2戦目。「スティーブンソン戦の敗北は違った自分を引き出してくれた。今回私はレイクタホ、サンディエゴ、グアダラハラそして中国まで行ってキャンプを行った。だからグレートな調整を完了した。エディ・レイノソとチームの素晴らしい仕事に感謝したい」とコンディションの良さをアピール。

元2階級制覇王者は「勝ちたい。勝ってもう一度チャンピオンになる」と決意を新たにした。

モラレスも登場

 会見には2000年代に激闘で沸かせたマルコ・アントニオ・バレラとエリク・モラレス、2人のメキシコ人レジェンドが同席。「メキシカン同士のもう一つの歴的なファイトになる」(バレラ)、「メキシカンはハートとプライドを前面に戦う。素晴らしい激闘になるだろう」(モラレス)と両者を激励した。Photos by Mikey Williams/Top Rank via Getty Images

Related article
関連記事