July
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

33°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > カネロ「過去2試合とは違う」9.30チャーロと“比類なき王者対決” 4試合ぶりKO勝利に意欲

カネロ「過去2試合とは違う」9.30チャーロと“比類なき王者対決” 4試合ぶりKO勝利に意欲

2023年8月16日 12時51分

 9月30日(日本時間10月1日)にラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催されるS・ミドル級4団体統一戦のプロモーション活動が15日(日本時間16日)ニューヨークでスタート。王者のサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)とS・ウェルター級4団体統一王者ジャーメル・チャーロ(米)が顔をそろえた。

カネロ(左)とチャーロ

 カネロ(33=59勝39KO2敗2分)は「ジャーメルは私と同じように大きな挑戦をする偉大なファイターだ」と2階級上げるチャーロをリスペクト。昨年9月のゲンナジー・ゴロフキン戦、今年5月のジョン・ライダー戦はあまり出来が良くなかったと自覚しているようで、「この2試合があまりよく見えなかったのは分かっている。理由は分かっている。今の私は違う」と4試合ぶりのKO勝利に意欲を見せた。

 ジャーメル(33=35勝19KO1敗1分)は「私は兄弟のジャモールとボクシングのトレーニングを続けてきた。今が私たちの時間だ。多くの人が間違ったことを心配しているが、大仕事を成し遂げようと思えばリスクを取らなくてはならない」とコメント。2階級アップのリスクは織り込み済みで、大魚をつり上げてみせるとアピールした。

 カネロは21年11月、IBF王者カレブ・プラント(米)を下して4団体統一に成功。22年5月にL・ヘビー級王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に敗れ、その後は2連勝。昨年5月、ブライアン・カスターニョ(亜)との再戦で4団体統一王者となったチャーロはそれ以来のリングでカネロに挑む。Photo by Ryan Hafey / PBC

Related article
関連記事