July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 高山涼深が9.22難敵 村地翼と日本S・フライ級V1戦 伯父の渡辺雄二超えに向け「乗り越える」

高山涼深が9.22難敵 村地翼と日本S・フライ級V1戦 伯父の渡辺雄二超えに向け「乗り越える」

2023年8月17日 15時16分

 日本S・フライ級チャンピオンの高山涼深(ワタナベ)が9月22日、「DANGAN260」のセミで元WBOアジアパシフィックS・フライ級王者の村地翼(駿河男児)を迎えて初防衛戦を行う。

決意のTシャツを着た高山

 2人は同級生で高山が法政大、村地が東洋大(中退)でアマチュア時代から互いを知る中。高山は「ちょっとやりづらいけど、そこを超えないと伯父(元日本、東洋太平洋王者の渡辺雄二さん)を超えられない。判定でいいから勝ちたい」と決意を口にした。

 村地とアマ時代に対戦経験はなく、スパーリングもしたことがないというが、「個人的にはやりづらそうなイメージ。試合が始まってみないと分からない」とちょっぴり弱気な発言をする高山は「倒そうとすると力んでしまうタイプなので」とノックアウトを狙わない理由を説明した。

 発言は頼りないが、デビューから6連勝5KOと強打者ぶりを発揮し、6月の王座決定戦では川浦龍生(三迫)を4回TKOで仕留めて実力をアピールした。渡辺均会長から「前回の試合を見てあと数戦で世界タイトルができると感じた」と太鼓判を押される逸材は「一試合、一試合」とどこまでも低姿勢だ。

自らがオーナーを務める五反田のラーメン店は「無冠」という名前だが、伯父を超えるためにも無冠になるわけにはいかない。高山は「トランクスに店の名前は入れません」とベルト死守を誓う。

■DANGAN260(9月22日後楽園ホール)
第7試合 フライ級10回戦
京口紘人(ワタナベ)×ジャーベン・ママ(フィリピン)
第6試合 日本S・フライ級タイトルマッチ10回戦
王者 高山涼深(ワタナベ)×挑戦者 村地翼(駿河男児)
第5試合 ライト級8回戦
ポンラワット・ナジンダー(タイ)×丸田陽七太(森岡)
第4試合 S・ライト級8回戦
関根幸太朗(ワタナベ)×兒玉麗司(三迫)
第3試合 S・バンタム級6回戦
藤野正文(DANGAN AOKI)×阿部愛斗(角海老宝石)

Related article
関連記事