July
13
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 10.10ダイヤモンドG メインは東洋太平洋王者の永田大士、元日本王者の佐川遼は再起戦

10.10ダイヤモンドG メインは東洋太平洋王者の永田大士、元日本王者の佐川遼は再起戦

2023年8月27日 13時51分

 三迫ジムは10月10日に後楽園ホールで開催する「ダイヤモンドグローブ」の主要カードを発表。メインで東洋太平洋S・ライト級王者の永田大士(三迫=写真)がWBOアジアパシフィック・ウェルター級10位のキム・ジンス(韓国)と同級8回戦を行う。

 元日本S・ライト級王者の永田(33=17勝6KO3敗2分)は昨年12月、近藤明広(一力)から東洋太平洋王座を奪取。今回は防衛戦ではなく、1階級上げてのノンタイトル戦となった。

 キム(27=10勝6KO5敗)は昨年12月、韓国で元日本、WBOアジアパシフィックS・ライト級王者の岡田博喜にTKO勝ち。5月に中国でもKO勝ちしており、勢いに乗って永田に挑む。

 セミには4月の日本フェザー級王座決定戦で松本圭佑(大橋)に敗れた元日本王者の佐川遼(三迫)が登場。日本S・フェザー級15位の福井貫太(石田)と同級8回戦を行う。6月の日本S・フライ級王座決定戦で高山涼深(ワタナベ)に敗れた川浦龍生(三迫)は森青葉(角海老宝石)と再起をかけた同級8回戦に臨む。

Related article
関連記事