March
01
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > スティーブンソンとマーティン決裂 WBCライト級王座決定戦あらたに対戦者探す

スティーブンソンとマーティン決裂 WBCライト級王座決定戦あらたに対戦者探す

2023年9月10日 11時48分

 対戦合意と報じられたシャクール・スティーブンソン(米=写真)とフランク・マーティン(米)によるWBCライト級王座決定戦が一転して決裂したとのニュース。試合を中継するESPNが主催のトップランクの話として伝えた。

 トップランクはスティーブンソンとマーティンが対戦合意に達したとWBCに報告。WBCは入札は回避されたとホームページ上で発表したが、PBCと提携するマーティン側が最終的に契約書にサインしなかった模様。マーティンはキャリア最高額となる7桁(1億4000万円以上)のファイトマネーを稼ぐ予定だったとの情報もある。

 トップランクの広報、エバン・コーン氏はESPNの取材に「これほど多くのファイターが挑戦を拒否したという事実はスティーブンソンの偉大さを証明している」とコメント。そもそも3階級制覇を目指すスティーブンソンはデビン・ヘイニー(米)の指名挑戦者の権利を得ながら、ヘイニーがこれに応じず休養王者となり、スティーブンソンに王座決定戦が巡ってきたという経緯がある。

 これによりESPNはスティーブンソンの次なる相手に同級6位のエドゥイン・デ・ロス・サントス(ドミニカ共和国=16勝14KO1敗)が候補に挙がったと応じた。スティーブンソンはインスタグラムでマーティン陣営の態度に落胆を示し、サントスに対戦を呼びかけた。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了