July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 岡山・美作市の興行 辻永遠が日本ユース戦に前進 地元期待の高校生 宮元陽汰が勝利

岡山・美作市の興行 辻永遠が日本ユース戦に前進 地元期待の高校生 宮元陽汰が勝利

2023年9月25日 8時28分

 江見ジム主催の興行が24日午後、美作文化センター(岡山県美作市)であり、6回戦と4回戦計8試合が行われた。

ダウンを奪う辻

 バンタム級6回戦では、辻永遠(勝輝)がタイのウィーラサック・ラックチャートに2回2分55秒TKO勝ちをおさめた。23歳の辻はサウスポーのタイ選手に対し右ストレートを決めてダウンさせ、その後もダウンを追加して2回にレフェリーストップ勝ち。試合後辻は「12月にユースタイトルに挑む」と宣言した。

 この勝利で辻は7戦6勝4KO1敗。敗れたウィーラサックは5戦3勝1KO2敗に。 

もう一つの6回戦は戸川(右)が勝利

 同じくライト級6回戦では戸川叡二(姫路木下)と山下玄輝(結花)の西日本新人王の実績を持つ同士が対戦。ともに前試合で敗れており再起戦だったが、スイッチヒッターの戸川が2回に左ストレートでダウンを奪い、2-1判定で接戦をものにした。山下も終盤にかけて着弾率が上がったものの、逆転には至らず。

 戸川(26歳)は15戦8勝4KO7敗、山下(25歳)は10戦4勝2KO4敗2分。

高校生の宮元は3勝目をマーク

 この日メイン格として最後に行われたのは岡山勢同士の48.2キロ契約の4回戦。地元期待の高校生・宮元陽汰(江見)が見尾涼馬(倉敷守安)と対戦。2回に左を浴びてダウンを喫したものの、その後挽回して2-1の判定勝ちを飾っている。

 18歳の宮元はこれで2戦2勝、21歳の見尾は2戦2敗。

Related article
関連記事