July
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

34°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 寺地拳四朗と3団体統一戦が期待のゴンサレス 10.27防衛戦の相手が変更

寺地拳四朗と3団体統一戦が期待のゴンサレス 10.27防衛戦の相手が変更

2023年9月29日 10時25分

 10月27日、ニカラグアのマナグアで防衛戦に臨むWBO・L・フライ級王者ジョナサン“ボンバ”ゴンサレス(プエルトリコ=写真)の挑戦者がスイッチされた。イベントの発表時はレイマン・ベナビデス(ニカラグア)だったが、ヘラルド・サパタ(ニカラグア=WBO15位)に変更された。イベントを主催するオールスター・ボクシングのトゥト・サバラJrプロモーターがメディアに通達した。

 サパタはこれまで14勝5KO1敗1分の29歳。当初、同日ランカーのアサエル・ビジャー(パナマ)と対戦する運びだった。ベナビデスはコンディションが整わず辞退したと言われる。サパタはボックスレグによるとオーソドックス・スタイルだが、「私のチームが映像をチェックしたところサウスポーで戦っている」とゴンサレスは語っている。

 ゴンサレス(27勝14KO3敗1分=32)はエルウィン・ソト(メキシコ)から奪ったベルトの3度目の防衛戦。ゴンサレスをプロモートするサバラJrプロモーターは今月18日、有明アリーナで行われたWBA&WBC統一L・フライ級王者寺地拳四朗(BMB)vs.ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)を観戦しており、勝者と寺地との3団体統一戦が待望される。

Related article
関連記事