July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元S・ミドル級王者ラミレスと4度目王座狙うブリーディスに対戦指令 IBFクルーザー級

元S・ミドル級王者ラミレスと4度目王座狙うブリーディスに対戦指令 IBFクルーザー級

2024年1月4日 11時04分

 IBFは空位となったクルーザー級王座について3位マイリス・ブリーディス(ラトビア)と4位ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)とで王座決定戦を行うようオーダー。16日に興行権の入札を設定しているとボクシングシーンが報じた。

ラミレス(左)とブリーディス

 IBFクルーザー級は、ジェイ・オペタイア(豪)が22月7月、ブリーディスから王座を奪取。IBFは初防衛を成功させたオペタイアに対し、ブリーディスとの再戦を指令したがオペタイアが従わずに12月のサウジアラビア興行に出場。王座を返上した。

 38歳のブリーディスは17年にマルコ・フックを下してWBC王座を獲得し、オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)に敗れて王座陥落したものの、19年にWBO王座、20年にIBF王座に就いた。オペタイア戦以降、リングから遠ざかっているが、4度目の王座獲得を目指している。

 32歳のラミレスは元WBO・S・ミドル級王座を5度防衛後、L・ヘビー級に進出。22年11月、WBA王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に挑戦して敗れ、今年10月のクルーザー級進出戦で元WBO・L・ヘビー級王者ジョー・スミス(米)に判定勝ちを収めている。

■クルーザー級世界王者
WBAスーパー アルセン・グラムイリアン(アルメニア)
WBC ノエル・ミカエリアン(ドイツ)
IBF 空位
WBO クリス・ビラム・スミス(英)

Related article
関連記事