March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > フューリー負傷で延期のヘビー級4団体統一戦 ウシク戦は3カ月延期で仕切り直し

フューリー負傷で延期のヘビー級4団体統一戦 ウシク戦は3カ月延期で仕切り直し

2024年2月4日 10時44分

 WBC王者タイソン・フューリー(英)が右目上をカットしたため流れたWBAスーパー&IBF&WBO統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)とのヘビー級4団体統一タイトルマッチは5月18日に延期された。最初の日程は今月17日だった。会場は同じくサウジアラビア・リヤドのキングダム・アリーナ。3日、イベントを主催する現地GEAのチェアマン、ツルキ・アルアルシク氏がアナウンスした。

フューリー(左)とウシク

 延期の発表はフューリー側を代表してアルアルシク氏、ウシク陣営を代表してエギス・クリマス・マネジャーが出席して行われた。

 延期前、フューリーはリヤドで最終調整を行っていた。しかし現地時間の1日に行ったスパーリングで負傷。傷の回復を待って始動するが、試合は3ヵ月延びることになった。一方ウシクはスペインのバレンシアでトレーニングを行っていた。

 ウシクは17日に別の相手と防衛戦を行う話も出ていたが、消滅したもようだ。また延期が決まるとともに両者には再戦の契約があることがあらためて明かされた。

Related article
関連記事