日本語

Home > ニュース > ゴメス・プロモーターがプレーボーイ誌と契約

WOWOWO井上

WOWOWO井上
ニュース

2014年1月30日 木曜日

ゴメス・プロモーターがプレーボーイ誌と契約

 三浦隆司vsセルヒオ・トンプソン戦などをプロモートしたメキシコの著名プロモーター、ぺぺ・ゴメス氏がこのほど男性誌プレーボーイのメキシコ版とスポンサー契約。29日メキシコシティでプレゼンテーションが行われた。

ゴメス・プロモーターがプレイボーイ誌と契約(ボクシングニュース)
中央がゴメス氏。その左がミハレス

 同時にゴメス氏はこの日、これまでの「カンクン・ボクシング」に続き、新プロモーション「パシフェコ・ボクシング」の立ち上げを発表。その第1弾が2月15日、メキシコのプエルト・バジャルタで予定され、メインに出場するWBCフェザー級2位ロビンソン・カステジャノス(メキシコ)が出席。カステジャノスはレネ・アルバラード(ニカラグア=大みそかに井岡一翔に挑戦したフェリックスの双生児)と対戦する。

 またゴメス・プロモーターとサインを交わした元王者クリスチャン・ミハレスも顔を見せ、3月8日のレオ・サンタクルス戦をアピール。同時に父の葬儀などで多忙な日々を送ったマウリシオ・スライマンWBC事務局長も列席し、ゴメス氏の船出を祝った。

 ちなみにメキシコ版プレーボーイでは同国の女子人気選手マリアナ・フアレスがグラビアに登場。また昨年プロデビューした妹のルルデス・フアレスもすでに肢体を披露している。Photo/BoxingScene.com


Related

関連記事