May
22
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > マッチルームvs.クインズベリー5対5対抗戦 ワイルダーvs.ヂャンなど正式発表

マッチルームvs.クインズベリー5対5対抗戦 ワイルダーvs.ヂャンなど正式発表

2024年4月17日 9時23分

 15日(日本時間16日)ロンドンで開催されたアルツール・ベテルビエフvs.ドミトリー・ビボルのL・ヘビー級王座4団体統一戦の発表会見で、同じく6月1日サウジアラビア・リヤドで開催される英国を代表する2つのプロモーション、エディ・ハーン氏のマッチルーム・ボクシングとフランク・ウォーレン氏のクインズベリー・プロモーションズによる「5対5対抗戦」のカードが発表された。(以下マッチルームの選手はM、クインズベリーの選手はQと記す)

 目玉は元WBCヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米=M)vs.前WBOヘビー級暫定王者ヂャン・ヂレイ(中国=Q)の12回戦。2人は前戦でともにジョセフ・パーカー(ニュージーランド)に敗れており、サバイバルマッチとなる。

 同じくヘビー級12回戦で、IBF1位フィリップ・フルコビッチ(クロアチア=M)が前WBAヘビー級レギュラー王者ダニエル・デュボア(英=Q)とIBFヘビー級挑戦者決定戦を行う。2人はスパーリングで手合わせしている関係だ。

 また、WBAフェザー級王者レイモンド・フォード(米=M)が、3月にWBCフェザー級王者レイ・バルガス(メキシコ)に挑みドローに終わったニック・ボール(英=Q)とV1戦。フォードも3月、王座決定戦で劇的な最終回ストップ勝ちを飾ったばかりだ。

 そして英米の無敗のミドル級同士、ハムザ・シェラーズ(英=Q)とオースティン・ウィリアムス(米=M)が12回戦。

 もう1試合は英国のクルーザー級同士、クレイグ・リチャーズ(英=M)がウィリー・ハッチンソン(英=Q)と対戦する。

 対抗戦のルールは、判定勝利が1ポイント、KO、TKO勝利が2ポイント。またキャプテンの試合の勝者も2ポイント得られる。マッチルーム側のキャプテンはワイルダー。クインズベリーはシェラーズが抜てきされた。

Related article
関連記事