May
22
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > あす元世界王者の京口紘人&谷口将隆、OPBFミドル級王者の竹迫司登が韓国に登場

あす元世界王者の京口紘人&谷口将隆、OPBFミドル級王者の竹迫司登が韓国に登場

2024年5月10日 17時33分

 あす11日、韓国・仁川のパラダイスシティで開催されるTBプロモーション興行の計量が10日、現地で行われた。メインのフライ級10回戦に出場する元2階級制覇王者の京口紘人(ワタナベ)とビンス・パラス(フィリピン)はともに50.7キロで合格した。

京口(左)とパラス

 京口(30=18勝12KO1敗)はフライ級に進出して今回が3戦目。世界ランキングはWBA2位、WBC10位、IBF4位で、3階級制覇に向けて勢いをつけたい一戦だ。京口は「倒します」とKO宣言をしている。

 IBFフライ級10位、WBO・L・フライ級12位にランクされるパラス(25=20勝15KO2敗1分)は18年5月、IBFミニマム級王者だった京口に挑戦して敗れており、TBプロモーションの伊藤雅雪代表に雪辱戦を直訴して今回のチャンスをつかんだ。現在、花田歩夢(フリー)、石澤開(M.T)に勝利して乗っている。

竹迫(左)とシン

 セミの東洋太平洋ミドル級タイトルマッチは、王者の竹迫司登(ワールドスポーツ)がテイジ・プラタップ・シン(オーストラリア)と初防衛戦。WBC15位につけており、こちらも負けられない試合だ。

谷口(左)とアブシード

 元WBOミニマム級王者の谷口将隆(ワタナベ)は昨年8月の堀川謙一(三迫)戦でアゴを骨折してからの復帰戦。ジェイセバー・アブシード(フィリピン)とL・フライ級8回戦を行う。「再起2戦目。しっかり勝手世界戦線に戻ります」とアピールした。

 ほかに鳥井士恩(角海老宝石)が6回戦、盛合竜也(ワタナベ)が4回戦に出場。イベントの模様はU-NEXTで15時からライブ配信される。写真提供=TBプロモーション
https://x.gd/rw1u2

Related article
関連記事