July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > プエルトリコで番狂わせ IBF・S・ライト級王者マティアスがパロに3-0判定負け

プエルトリコで番狂わせ IBF・S・ライト級王者マティアスがパロに3-0判定負け

2024年6月16日 15時28分

 15日(日本時間16日)プエルトリコのマナチでゴングが鳴ったIBF・S・ライト級タイトルマッチは番狂わせ。挑戦者5位リアム・パロ(豪州)がV2戦に臨んだ王者スブリエル・マティアス(プエルトリコ)に3-0判定勝ち。世界タイトル初挑戦でベルトを獲得した。

 開始前、余裕の表情を見せたマティアスにパロがボディー打ちを中心に積極的に手を出して序盤リードする。これに対してメキシコで高地キャンプを行ったマティアスは3回から圧力をかけてスタンドを沸かせる。加速したプエルトリコ人は5、6回と畳みかけ、ペースを奪回する。

 7回にルイス・パボン主審から減点されたパロだが、ここから息を吹き返し、マティアスの打ち終わりにコンビネーションを浴びせて食い下がる。マティアスは攻め込むものの、パロに決定的なダメージを与えることができず終盤へ。打たれても必ずパンチを返すパロ。その執念が実を結び、スコアは115-112が2者に116-111で豪州人の手が上がった。

 殊勲の勝利を上げたパロは25勝15KO無敗。これまで何度か米国でスパーリング修行を行い鍛えていた。オッズは6-1ないし7-1で不利と出ていた。5連続ストップ勝ち中だったマティアスは20勝20KO2敗。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了