July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元ボクサーたちがチャリティ・スパー

元ボクサーたちがチャリティ・スパー

2012年12月15日 15時55分

参加したメンバー

 チャリティボクシングマッチ「FIGHTING FOR THE FUTURE」が15日午後、新宿フェイスで行われた。元ボクサーたちによるスパーリングが計7組用意され、難病と闘う子どもたちのために寄付を募った。

 高橋直人、リック吉村、クレイジー・キム、前田宏行らが出場し、2分3ラウンドのスパーを披露した。会場は満員のファンで埋まり、往年の名選手たちもハッスル。力のこもった攻防を繰り広げた。

タイガー・キムさんは川崎タツキさんと「再戦」

 この日集まった寄付金の一部は『公益財団法人そらぷちキッズキャンプ』(難病の子どものための医療ケア付キャンプ場)に寄付される。発起人の打越昌弘さん(元日本J・フェザー級1位)は「お客さんが来てくれるかなと心配しましたが、これだけのメンバーが集まったのだから必ず成功するはずと信じていました」と、ホッとした様子。

 打越さんはTRY-Fというグループを立ち上げ、今後も子どもたちへの支援を続けていく方針で、ゆくゆくはNPO法人化を目標にしている。「来年5月か7月にまた開催したい」と打越さんは語る。

Related article
関連記事