May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ルーキー井上、元世界王者名城を圧倒

ルーキー井上、元世界王者名城を圧倒

2012年12月13日 11時57分

 

 井上株がまたまたアップ――スーパールーキー井上尚弥(大橋=19)が12日、大橋ジムで、関西からやってきた元世界S・フライ級王者名城信男(六島=31)と6ラウンドのスパーを行い、これを圧倒したのだ。

 名城はスパーを再開したばかりで、試合の近い井上とスパーするのは無謀だった? 終始若い井上の力強い攻撃のプレッシャーにさらされて手が出ず、後退する場面が多かった。終盤には井上の左フックをわき腹に打ち込まれ動きが止まる場面も。予想外の井上の強さに「うまく遊ばれました。何もできずに申し訳ない」とうなだれた。

 大勢の報道陣の前で結果的に怪物と注目される新人の引き立て役をつとめる結果にショックは隠せなかった。それでも感想を聞かれて「ホンマに強い。速いし、スタミナあるし、完成度、スキのなさ、どれとってもすばらしい選手」と若いルーキーを絶賛していた。

 一方の井上は、「自信がつきました」とスパーの結果にニンマリ。大橋会長も「これなら(井上は)次世界タイトル戦やってもいいかも」と、プロでまだ1戦しかしていない愛弟子の強さに改めて舌を巻いていた。

 井上は1月5日に後楽園ホールでタイ国L・フライ級王者ガオプラチャン・チューワッタナと対戦。名城は現役続行を発表したものの、試合は未定。

Related article
関連記事