June
24
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 名トレーナー、エマヌエル・スチュワード死去

名トレーナー、エマヌエル・スチュワード死去

2012年10月26日 11時33分

 

 殿堂入りトレーナーで、数々の名選手を指導したエマヌエル・スチュワード氏が25日早朝(現地時間)デトロイトの病院で亡くなった。68歳。9月に胃がんの手術を行った後、病状が悪化していた。

 1944年7月、米国ウェストバージニア州に生まれたスチュワード氏は50年代から60年代にかけアマチュアボクサーとして活躍。63年にはバンタム級で全米ゴールデングローブを制した。アマチュア戦績は94勝3敗。その後は指導者に転身し、71年にデトロイトで「クロンクジム」を開き、アマチュアをコーチしながらプロ選手を養成。77年3月、世界チャンピオン第1号ヒルメール・ケンティ(ライト級)が誕生すると、5ヵ月後トーマス・ハーンズがウェルター級王者につき、一気にクロンクジムの名が流布。その後もマイク・マッカラム、ジミー・ポール、ミルトン・マクローリー、ジェラルド・マクラレンらをチャンピオンに育てた。

 
 以後、著名選手だけでもレノックス・ルイス(写真)、イベンダー・ホリフィールド、オスカー・デラホーヤ、フリオ・セサール・チャベス、ナシーム・ハメドをコーチ。トレーナー業と並行してHBOの解説者を長年務め、好評を博した。96年に国際ボクシング名誉の殿堂入りした。
 
 

最近ではヘビー級統一王者ウラジミール・クリチコ、ミゲール・コット、コーネリアス・バンドリッジ、アンディ・リーらを指導。2週間後に防衛戦を控えるウラジミールのキャンプに同行できず、両者の不仲説まで噂されたが、実際は体調の悪化が原因だった。

「現代でもっとも尊敬すべきトレーナーの一人を失い、深い悲しみに浸っている」(デラホーヤ)、「ボクシング、人生、世界についていっしょに語り合ったことを長く忘れないだろう」(W・クリチコ)、「どれくらい深遠な悲しみなのか表現する言葉が見つからない」(HBOスポーツ社長・ケン・ハーシュマン)など各方面から追悼のメッセージが寄せられている。

Related article
関連記事