May
23
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ガルシア、モラレスを一撃KO

ガルシア、モラレスを一撃KO

2012年10月21日 19時24分

 ニューヨーク・ブルックリンで20日夜(日本時間21日)行われたWBC&WBA世界S・ライト級タイトルマッチは2本のベルトを保持するダニー・ガルシア(米)が元4階級制覇王者エリク・モラレス(メキシコ)に4回1分23秒KO勝ち。ガルシアは2度目の防衛を果たすとともに、同級リング誌ベルトも守った。モラレスはリング上で引退を口にした。

 今年3月、モラレスを下してWBC王座を獲得したガルシアがスピードを生かしてペースを掌握。2回、抵抗を見せたモラレスだったが、3回終了間際、ガルシアの右を食らいグラリ。4回、王者の左フックが炸裂し、モラレスは上体を一回転させてロープ際にダウン。主審はノーカウントで試合を止めた。

 セミで行われたWBA世界ウェルター級戦は、王者ポール・マリナージ(米)がWBC世界S・ライト級暫定王者パブロ・セサール・カノ(メキシコ)に2-1判定勝ちで初防衛。カノが計量でリミットオーバーしたため、勝ってもタイトルの移動はなかった。スコアカードはジャッジ一人が118-109でカノだったが、他の2者は114-113と小差で地元のマリナージを支持した。

Related article
関連記事