May
19
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > チャンピオンカーニバルMVPは村中優

チャンピオンカーニバルMVPは村中優

2014年5月16日 16時32分

チャンピオンカーニバルMVPは村中(ボクシングニュース)
村中優
 今年のチャンピオンカーニバル表彰選手を決める選考会が16日都内で開かれ、最優秀選手賞には日本フライ級王者の村中優(フラッシュ赤羽)が選ばれた。技能賞はS・フライ級の戸部洋平(三迫)、敢闘賞はS・フェザー級の内藤律樹(E&Jカシアス)、殊勲賞にS・ウェルター級新王者の細川貴之(六島)だった。

戸部洋平
 村中は4月の初防衛戦で元日本L・フライ級王者の世界ランカー、黒田雅之(川崎新田)と対戦。攻撃的かつ頭脳的なボクシングで強打の黒田を付け入るスキを与えず、10回TKO勝ちを収めた。選考は在京ボクシング担当記者ら10人による投票形式で行われ、村中が7票、OPBF・日本ミドル級王座を統一した柴田明雄(ワタナベ)が3票を獲得した。

 戸部は4月の王座決定戦で世界ランカーの江藤大喜(白井・具志堅S)をジャブを主体にしたスタイリッシュなボクシングで9回にストップ。票が割れて決選投票の結果、戸部6票、柴田4票で選出された。

内藤律樹
 内藤は2月、こちらも王座決定戦で持ち前のスピードスターぶりを発揮してベテランの松崎博保(協栄)を圧倒。8回TKOで8戦無敗のままタイトルを獲得した。こちらも決選投票だった。

細川貴之
 細川は3月に日本5階級制覇王者の湯場忠志(都城レオS)を下馬評を覆して涙の戴冠。その快挙は殊勲賞にふさわしいと判断された。表彰式は5月19日、後楽園ホールの「ボクシングの日」ファン感謝イベント内で行われる。

Related article
関連記事