日本語

Home > ニュース > ゴロフキンはゲールとの防衛戦濃厚
ニュース

2014年5月19日 月曜日

ゴロフキンはゲールとの防衛戦濃厚

ゴロフキンはゲールとの防衛戦濃厚(ボクシングニュース)
ゴロフキン
 フリオ・セサール・チャベスJrとの一戦が中止となったWBA世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が7月26日ニューヨーク・マジソン・スクエア・ガーデンのシアターで防衛戦が内定した。

ゲール
 マルケス-アルバラード戦が行われたロサンゼルス・フォーラムで、ゴロフキンのプロモーター、K2プロモーションズのトム・ルーファー事務局長が明かしたもので、相手は元IBF&WBA世界ミドル級王者ダニエル・ゲール(豪州=30勝16KO2敗)が最有力だという。ゴロフキンが父の死去によりキャンセルした4月予定の防衛戦の相手にもゲールはノミネートされていた。

 一方WBAはゴロフキンに対し、ランキング2位ジャロッド・フレッチャー(豪州=18勝10KO1敗)との防衛戦をリクエストしている。ゴロフキン陣営は米国でより知名度があり、実績もあるゲールとの対戦を優先させたい意向。ルーファー氏によると今週中にも正式発表にこぎ着けたいという。同時にチャベスとの対決も今後、前向きに取り組みたいと話している。

Related

関連記事