日本語

Home > ニュース > メイウェザー次戦は9.13、パッキャオ戦は望み薄
ニュース

2014年5月21日 水曜日

メイウェザー次戦は9.13、パッキャオ戦は望み薄

メイウェザー次戦は9.13(ボクシングニュース)
メイウェザー
 パウンド・フォー・パウンド・キング、WBC&WBA世界ウェルター級統一王者フロイド“マネー”メイウェザー(米)の次回登場が9月13日に内定した。メイウェザー・プロモーションズのレオナード・エリーベCEOが米国メディアに語ったもので、昨年ショータームと6試合の大型契約を結んだメイウェザーの4試合目となる。

 相手はダイレクトリマッチとなるマルコス・マイダナ(アルゼンチン)、マイダナと対戦者の座を争ったアミール・カーン(英)、S・ライト級統一王者ダニー・ガルシア(米)、WBAウェルター級暫定王者キース・サーマン(米)、IBF同級王者ショーン・ポーター(米)の中から選ばれることが濃厚。待望のマニー・パッキャオ(フィリピン)とのドリームマッチは今回も望み薄の状況となっている。

 会場は今回もメイウェザーの“ホーム”ラスベガスのMGMグランドが有力だが、ニューヨークのバークレイズ・センターも名乗りを上げ、マイダナ戦に絞って交渉したい意向を明かす。

Related

関連記事