June
19
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 寺地拳四朗8.3デビュー戦、OPBFランカーと

寺地拳四朗8.3デビュー戦、OPBFランカーと

2014年6月6日 16時35分

寺地が8.3デビュー戦(ボクシングニュース)
寺地拳四朗
 L・フライ級の元国体王者で元日本ミドル級・OPBFライトヘビー級王者の寺地永会長を父に持つ寺地拳四朗(BMB)が8月3日、大阪IMPホールでプロデビュー。対戦相手は元インドネシア・ミニマム級王者でOPBFミニマム級11位ヘリ・アモルに決まった。

 関西大を今春卒業し、3月にプロテストに合格した寺地が満を持してデビュー戦に挑む。対戦相手に選ばれたアモルは10年4月に来日し、デビュー4戦目の井岡一翔(井岡)に大差判定負けながら9回にダウンを奪った経験を持つ。最近は負けが込んでいるが、34勝14KO17敗4分という豊富なキャリアは侮れないだろう。

 寺地は9日からプロ2戦にしてWBAミニマム級14位にランクされる大型ホープ田中恒成(畑中)とスパーリングをして万全の態勢を整える予定。WBC世界L・フライ級王者の井上尚弥(大橋)を筆頭に将来性豊かな若手が台頭する中、また一人楽しみな選手がデビューすることになる。

Related article
関連記事