July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ノボアがWBCミニマム級初防衛戦

ノボアがWBCミニマム級初防衛戦

2014年6月28日 15時12分

 中国で熊朝忠をストップして戴冠したWBC世界ミニマム級王者オスワルド“ガジート”ノボア(メキシコ)が28日(日本時間29日)挑戦者アルシデス“カスコ”マルティネス(ニカラグア)を相手にV1戦のリングに立つ。27日に行われた計量でノボア(13勝8KO4敗1分)、マルティネス(12勝6KO2敗8分)とも47.6キロでクリアした。

ノボアがWBCミニマム級初防衛戦(ボクシングニュース)
ノボア(左)とマルティネスのフェイスオフ

 ただしWBCミニマム級戦はセミファイナル扱いで、メインではWBC女子S・フライ級王者スリナ“ロバ”ムニョス(メキシコ)がレナタ・ドムソディ(ハンガリー)と6度目の防衛戦。両者ともS・フライ級リミットの52.16キロを計測した。

メインに登場する王者ムニョス(左)とドムソディ

 また昨年6月に三好喜美佳(川崎新田)を下しているヤスミン“ルシータ”リバス(メキシコ)がアレシア・グラフ(ベラルーシ=ドイツ)とWBC女子バンタム級王座を争う。計量で両者とも53.50キロだった。試合はメキシコ・イダルゴ州エパソユカンで行われる。Photos/BoxingScene.com

Related article
関連記事