日本語

Home > ニュース > カネロvsララ明日対決、賭け率は2-1でカネロ
ニュース

2014年7月12日 土曜日

カネロvsララ明日対決、賭け率は2-1でカネロ

 ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで明日12日(日本時間13日)挙行されるサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)-エリスランディ・ララ(キューバ)の12回戦の計量が111日同会場で行われ、元WBC&WBA世界S・ウェルター級統一王者のアルバレス、現WBA世界S・ウェルター級王者ララとも設定体重の155ポンド(70.31キロ)を計測した。試合はS・ウェルター級リミット1ポンド超の契約で行われ、ララの保持する王座は争われない。

カネロvsララ明日対決(ボクシングニュース)
計量を終えガッツポーズのカネロ

 計量を終えたカネロは「ララは疑いなく私が戦ってきた、そしてこれから対戦するライバルの中ではベストの一人に入る。彼のやりにくいサウスポーのスタイルに対策を講じてきた。この試合は私にとって非常に重要なものになる。普通のファンはあまり知らないかもしれないが、ボクシングメディアの間ではララはとても危険な相手で通っている。だから勝利は非常に大事なものとなる。おそらく私のスピード、コンビネーション、ムーブメントが勝利をもたらすでしょう」

こちらも気合十分のララ

 一方ララも自信を隠せなかった。「カネロはいいファイトをこなして来たし、我々は共通の相手(アングロとトラウト)がいる。唯一カネロが有利なのはコーナーワーク。彼より名声がある。ボクサーとしてのクオリティとハードワークが私に勝利を引き出す。私がボクサーとしても人間としてもカネロよりもベター。それで100%勝てると確信している」

 ブックメーカーの賭け率は11日現在2-1でカネロ有利と出ている。Photos/SUMIO YAMADA

Related

関連記事