April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 村田昴、保坂剛、鈴木稔弘ら優勝、南関東IH

村田昴、保坂剛、鈴木稔弘ら優勝、南関東IH

2014年8月7日 14時59分

 高校ボクシングの頂点を決める南関東インターハイは7日、神奈川県茅ケ崎市総合体育館で8階級の決勝が行われ、8月21日から中国・南京で開かれるユースオリンピックに出場するフライ級の村田昴(和歌山・貴志川)、ライト級の保坂剛(福岡・東福岡)、L・ウェルター級の鈴木稔弘(東京・駿台学園)の3選手はそろって優勝した。村田は選抜のL・フライ級に続きフライ級でも全国制覇。

 また、団体戦績は東京・駿台学園が23点を挙げて初優勝。以下、福岡・東福岡(21点)、宮崎・日章学園(18点)、広島・崇徳(15点)、大阪・興国(13点)となった。各級決勝の結果は以下の通り(左が勝者)。

P級 重岡優大(熊本・開新)[判定2-1]松本流星(東京・日出)
LF級 福井勝也(東京・駿台学園)[判定3-0]峯佑輔(大阪・興國)
F級 村田昴(和歌山・貴志川)[判定3-0]北浦龍馬(福岡・東福岡)
B級 森坂嵐(奈良・奈良朱雀)[判定3-0]丸田陽七太(大阪・関大北陽)
L級 保坂剛(福岡・東福岡)[判定3-0]波田大和(埼玉・花咲徳栄)
LW級 鈴木稔弘(東京・駿台学園)[判定3-0]平仲信裕(沖縄・南部農林)
W級 原田直樹(広島・崇徳)[判定3-0]押川幸輝(宮崎・日章学園)
M級 梅村錬(岩手・江南義塾)[判定3-0]原田健太(広島・安芸南)

Related article
関連記事