April
15
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 高山勝成vsロドリゲス最終記者会見

高山勝成vsロドリゲス最終記者会見

2014年8月8日 17時04分

 9日(日本時間10日)メキシコのモンテレイで行われるIBF・WBO世界ミニマム級統一戦の記者会見が7日現地で行われ、IBF世界ミニマム級王者の高山勝成(仲里)、WBO同級王者のフランシスコ・ロドリゲス(メキシコ)が顔を合わせた。

高山勝成vsロドリゲス最終記者会見(ボクシングニュース)
記者会見に臨んだ高山(右)とロドリゲス

 高山は4日に日本を出発し、ロサンゼルスを経由して現地時間5日深夜、モンテレイ入りした。これまでWBC、WBA、IBFと3本のベルトを手にしてきた31歳が4団体目のベルトに挑む。21歳のロドリゲスは今年3月にWBOタイトルを獲得。初防衛戦がいきなりIBF王者高山との統一戦となった。

 前座では、日本でもおなじみのベテラン、元WBC世界S・フライ級王者トマス・ロハス(メキシコ)がアルウィン・ベリー(パナマ)と対戦する。Photo/BoxingScene.com

Related article
関連記事