June
20
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ジョニゴン2回KO勝ち WBCフェザー級戦

ジョニゴン2回KO勝ち WBCフェザー級戦

2011年12月5日 5時17分

メキシコシティで3日(現地時間)行われたWBC世界フェザー級タイトルマッチは王者ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)が挑戦者10位ロイネット・カバジェロ(パナマ)に2ラウンドKO勝利。日本で長谷川穂積から奪った王座の3度目の防衛を果たした。
 ここのところ前半のKO勝ちが続くゴンサレスが、この試合でも自慢の強打を炸裂させた。初回、左を決めるなど優勢に立ったゴンサレスが2回中盤、左レバー打ちを見舞うと、カバジェロは天井を向いて横転。フランク・ガルサ主審(米)が10カウントを数えても立てなかった。KOタイムは1分50秒。
 西岡利晃に倒されて後、10連勝10連続KO勝ちのゴンサレスは51勝45KO7敗。カバジェロは31勝22KO11敗1分。
 セミではアレハンドロ・サナブリア(メキシコ=6位)がビンビン・ルフィノ(フィリピン=16位)に5回KO勝ち。空位のWBCライト級シルバーベルトを獲得した。サナブリアのチーフセコンドを務めた同名の父は、80年代、猪木サナブリアのリングネームで協栄ジムに所属した輸入選手。

Related article
関連記事