April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 柴田明雄が淵上誠と防衛戦、OPBF&日本ミドル級

柴田明雄が淵上誠と防衛戦、OPBF&日本ミドル級

2014年9月10日 15時41分

 OPBF・日本ミドル級2冠王者の柴田明雄(ワタナベ)が12月6日、東京・後楽園ホールの「第532回ダイナミックグローブ&第39回ファイティング・スピリット・シリーズ」で、元OPBF・日本同級王者の淵上誠(八王子中屋)と防衛戦を行うことが決まった。八王子中屋ジムが10日発表した。

柴田明雄が淵上誠と防衛戦(ボクシングニュース)

 両者は昨年の5月に対戦。日本S・ウェルター級王者だった柴田がクラスを上げてOPBFミドル級王者の淵上に挑んだ試合は、柴田が9回負傷判定勝ちで2階級制覇を達成した。柴田は淵上戦後に村田諒太(帝拳)のデビュー戦の相手を務めて敗れたが、その後はOPBFに続き日本同級タイトルも手中に収めた。

 淵上は柴田戦に続き西田光(川崎新田)にも敗れたが、7月の再起戦に勝利。現王者に借りを返して王座返り咲きを目指す。OPBFタイトルが3度目、日本タイトルが2度目の防衛戦となる柴田はここまで23勝9KO8敗1分。淵上は21勝12KO9敗。

 なお当日のメインイベントは62キロ契約ノンタイトル10回戦。WBCライト級9位の荒川仁人(八王子中屋)と日本ライト級チャンピオン加藤善孝(角海老宝石)のラバーマッチとなっている。

Related article
関連記事