May
20
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 亀海米国デビュー戦飾る ムニョスにTKO勝ち

亀海米国デビュー戦飾る ムニョスにTKO勝ち

2011年10月5日 7時52分


 西岡-マルケス戦の前座試合、ウェルター級10回戦で、元日本S・ライト級王者の亀海喜寛(帝拳)がヘクター・ムニョス(米)に6回1分39秒TKO勝ちし、米本土デビューを果たした。
 攻撃的に出てくるメキシコ系ファイターのムニョスに対し、技巧が売り物の亀海は持ち前のかわしては打つ戦法でワンサイドの展開。タフなムニョスを倒すことはできなかったが、多彩なブローでムニョスをほぼサンドバッグのように打ちまくった。ストップしてもいい場面が何度かあった。迎えた6回、亀海の強い左フックがピシリと顔面に決まったところで、ようやくレフェリー・ストップがかかった。亀海(28)はこれで19戦全勝17KOをマークした。
※写真は亀海の左フックがムニョスをとらえたストップ直前のシーン =PHOTO/SUMIO YAMADA=

Related article
関連記事