April
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 江藤光喜、11.26東洋太平洋タイトル初防衛戦

江藤光喜、11.26東洋太平洋タイトル初防衛戦

2014年10月6日 19時21分

江藤光喜、11.26防衛戦(ボクシングニュース)
江藤光喜
 OPBF東洋太平洋フライ級王者の江藤光喜(白井・具志堅S)が11月26日、東京・後楽園ホールの「ザ・カンムリワシ・ファイトvol.50」で同級1位クリス・パウリノ(フィリピン)と初防衛戦を行うことが決まった。

パウリノ

 昨年WBAフライ級暫定タイトルをタイで獲得し、初防衛戦で敗れた江藤は、6月の再起戦でOPBF同級王座決定戦に出場。アーデン・ディアレ(フィリピン)に2度倒される苦しい展開を克服し、大激闘の末に逆転の8回TKO勝ちで王座に就いた。

 挑戦者のパウリノは、もともと6月の決定戦で江藤が対戦するはずだった選手。12年7月にフィリピンで山口隼人(TEAM10COUNT=日本L・フライ級7位)を、昨年は日本で福本雄基(三迫)を下しているサウスポーで、ディアレには敗れている。戦績は14勝4KO1敗の21歳で、江藤にとってはディアレに続き手ごわい相手となりそうだ。

 セミは日本フライ級8位なかがまひょうぶ(白井・具志堅S)と福本の8回戦。江藤3兄弟の次男、大喜(白井・具志堅S)も出場予定。また前座では、お笑い芸人のロバート山本(イマオカ)のデビュー戦が行われる。

Related article
関連記事