日本語

Home > ニュース > 亀田V2 ダウン奪うも苦闘判定勝ち WBA・バンタム級
ニュース

2011年9月1日 木曜日

亀田V2 ダウン奪うも苦闘判定勝ち WBA・バンタム級



 会心にはほど遠いデキ――31日日本武道館のダブル世界タイトルマッチのメインカードとして行われたWBA世界バンタム級戦は、王者亀田興毅(亀田)が挑戦者(8位)のデビッド・デラモラ(メキシコ)を微差の3-0判定に退け、2度目のベルト防衛を果たした。

 3回に左フックを決めてデラモラを派手にダウンさせた時点で亀田のKO勝ちは時間の問題かと思えたが、その後回復したデラモラが積極的に手を出し続けると、守り中心の試合運びとなり、手数がめっきり少なくなった。デラモラの攻撃で左眼上をカットして、より慎重になったようだった。所どころで左ストレートを決めたものの、それ以上にデラモラを追い詰められず、3回のダウン以外はこれといった見せ場のない試合に終始した。

 スコアは114-113、115-112、115-113と、いずれも亀田の勝ちだったが、1人は1点差としたように際どい判定。デラモラの攻勢よりも亀田の的確さにポイントが付いたが、12ラウンド中8ラウンドはジャッジの採点が割れたように、微妙な試合ではあった。観客を満足させることができなかったことをわきまえた亀田はГ30点のデキ。もっともっと練習しなければ」と殊勝に語っていた。

Related

関連記事